レールバンドづくり。前回の続き。木は固いのだけど、カンナに慣れてくるとフォームほどセンシティブじゃないのでガンガン削れて気持ちいい。でも節はなかなか手ごわく、節にカンナがよく引っ掛かり、不規則な削れかたをしてしまう…。

前回に引き続いて、レールを削っていく。ボトムとデッキ、50:50のセッティングにしたので、削るボリュームが多くてなかなか大変。

とにかく、左右のレールがこの段階でアシンメトリになってしまうと修正がものすごく大変なのでなるべく、対象に削り上げていけるようにマーキングを慎重に行う。まずは右側をシェイプして、センターからの距離をはかり、それを左側に転写し、改めてガイドラインをひいて、左側を削る。この繰り返し。

レールづくりはカンナが有効。サンドペーパーだと時間がかかりすぎるし、電動カンナだと細かな作業ができない。ひたすらカンナで面をとりながら削っていく。

いい感じでレールが形作れました。