地獄の丸ノコカット15本が終わったらいよいよ、ロッカーのアウトラインをとりにいきます。気軽にウッドボードシェイプをはじめてしまったけど、現時点でよかったな、と思うこととしんどいな、と思うことがあります。

よかったなと思うこと:
ゴミが天然資源なので毒々しくない。木の削りかすが超たくさんでますが、これは僕らの山のコンポストトイレに入れるおがくずになります。通常のフォームだとそうはいかない。この違いは大きいな。

しんどいこと:
固い。とにかく固い。一つ一つの作業がフォームと比べるとはるかに時間がかかる。
あと、材がゆがんだり曲がったりしちゃう。天然ものだから仕方ないけど…。

話がずれました。15本を並べて、電動かんなでロッカーの面を作りに行きます。ようやくシェイプらしくなってきました。この15本が作業中にずれたりバラバラになってしまうとまずい。ってことでクランプが必要になります。が、今回のブランクスは幅が57㎝。そんな幅のクランプは1つ数千円します。

てことで、手作り即席クランプを作りました。
ステンレスの寸切ボルト(1m)とナット、ワッシャーを買ってきます。1つのクランプにつきボルト2本、ナットとワッシャー4つずつ。ツーバイ材の端材にドリルで2か所穴をあけてボルトを通してナットを締めるだけ。クランプ1つあたり300円ぐらい。素晴らしい!

先にマーキングしたノーズ、テール、センターのラインで材をそろえてクランプで固定。あとはひたすら電動カンナでシェイプし続ける。ロッカーラインを出す。以上。

かなり固いです。これ、電動カンナがないとしんどいな…。

とりあえず。ボトムのロッカーアウトラインはなんとかでました。デッキ側はアウトラインを削った後にシェイプしよう。