コージーと仲良くなったのはたぶん一昨年の夏ごろ。子どもの活動を通じて、何かの飲み会で一緒でサーフボード談義になって異様に盛り上がったのを覚えてます。

サーフィンはメジャーなスポーツなのだけど、興味の方向、深さは人それぞれ。僕はテクニックどうこうよりもサーフボードそのものが大好きで、サーフボードをいじくりまわしながらあーだこーだボード談義をするのが大好物。

そういう興味ってサーフィン好きの中でも割とマニアックで、付き合ってくれる人はわりと少ない…。そんな僕の狭くマニアックな興味領域ととても近いところにアンテナを張っていたのがコージーでした。

この年で新しい「友達」が新しくできることはなかなかないと思っているのだけど、あまりにマニアックな趣味を共有できてあっという間に「この人は友達だぜ」と思いました。

そんなアラフォーの出会いが始まり。

コージーとはそのあと、一緒にブランクスからサーフボードを作りました(去年の春)。僕にとってもコージーにとってもゼロからボードを作るのは初めてでネットで調べながらうんうん、試行錯誤をしてつくったボード。

夜な夜な、工房に集ってうんうん言いながらボードを作るのは本当に楽しかった。お互いの奥さんからは「なんなんだこいつらは…」と怪しまれたけど。

何とか仕上がったボードはどちらも非常識なアウトライン、浮力たっぷりのボードで「浮力ファイター」と僕らは名付け、小波のテイクオフの速さは誰にも負けないと大喜びでした。

はじめて自作ボードで一緒に入ったのは由比ガ浜の膝波。笑っちゃうぐらいの小波だったけど、波に乗れた時の喜びたるや格別でした。コージーのボード「ドム」のほうが僕の板よりも乗りやすく、ちょっと悔しい思いをしたな…。

自作ボードで小さい波とも台風の大波とも戯れられた幸せな2017年の夏。

02へ。

コージーとのサーフの記録