リーシュカップをつけます。これも既製品は手に入りづらいのでレジンで自作。
「resin leash loop」で検索すると色々出てきますが、文字通り、レジンで作ります。

フィンをつける際に使った glass rope を一束用意。

ストロー等(僕の場合はゴムチューブ)、ループの型を取る素材を用意して、リーシュカップを付けたいボードの位置に張り付ける。確か、ゴムだとレジンがつかずはがれやすい(はず)。

glass ropeを短めの束にし、レジンに浸したのち、チューブをまたぐようにボードに貼る。そのときにボードとの接点のロープは扇型に広げる。

乾かす。

以上。乾いたときは扇のロープが見えているけど、ホットコートを施すことで見えなくなる。

24(ホットコート)へ。
22に戻る。