ラミネート。サーフボードづくりのなかで、すごーーくワクワクするけど、一番緊張する&うまくいかないことが多い工程。1本目のシェイプはラミネートは友人にお願いしました。2本目は自分でラミネートもやり、見事に大失敗しました…。

シェイプはできてもラミネートはプロにお願いする、という人も多いと思います。それもありですが、失敗覚悟で自分でトライすれば、うまくいったときの喜びはひときわ大きいです。やる意味はある、うん。

まずは材料について。
僕のサーフボードは建築材の断熱材を素材にしています。XPS材。XPSとEPS(いわゆる発泡スチロール)を使ってシェイプする際、一般的なブランクス(ポリウレタンフォーム)をラミネートするときに使うポリエステルレジンは使えません。ここ、非常に重要。

ポリ系レジンに含まれている溶剤がフォームを溶かしてしまうんですって(やったことないけど)。

ポリエステルレジンはホームセンターで安く買えるのだけど、これではダメ。「エポキシレジン」を買わないとダメです。ここ、非常に重要。

僕はこのサイトで買っています↓
FRPゾーン:https://www.frp-zone.com/
[839]エポキシ高透明積層用樹脂4.9kgSET/3.5kg+硬化剤1.4kg 送料込み17820円也。

ちなみに、僕のボード、5’11″の使用量はこんな感じ:
ラミネートボトム:550g、
ラミネートデッキ:600g
ホットコートボトム:300g
ホットコートデッキ:300g
フィン、リーシュカップ、テストとか300g
合計 2050g

下手くそだから多め消費しちゃってます。

ざっとこのパック1つでショートボード2本分ぐらい取れる感じでしょうか。1本あたり9000円弱。材料費の一番大きな割合を占めるのがこれです、はい。

つづいてガラスクロス。サーフボードに使うのは4oz(オンス)と6oz(オンス)が主流(オンスは厚さってことかな)。

僕はこのサイトで#110を買って使っています。4oz相当らしいです。

フェザーフィールド:http://frp.featherfield.co.jp/
小分けガラスクロス#110 1.04mk*10m以上 16m買って送料込み7380円也。

僕のボード1本(5’11″)での使用量:
ボトム 4oz 1枚 (約2m)
デッキ 4oz 2枚(約4m)
合計6m

10m以上買うと単価が安いので僕はまとめて買ってしまっています。必要量ギリギリだと失敗したり、思ったより強度が出ずに巻き直したりしがちなので、多めに買っておくといいと思います。

ちなみに、クロスは枚数を重ねれば重ねるほど強度が出るけど、重さが増す、という感じらしいです。
通常ショートボードはデッキ側が6oz、ボトム側が4ozとか。ミッドレングスだとデッキが10oz、ボトムが6ozとからしいです。よくわかっていないですが。

上記2点がホームセンターで買うよりも通販で仕入れたほうが確実で安い素材です(ちなみに僕のサーフボードづくり工程でホームセンターや100円ショップで手に入らないものは上の2点だけです)。

僕はボードのカラーリングをティントカラー(レジンに染料をまぜることで樹脂を色付けする)でやっています。サーフボードのカラーリングはフォームそのものを色付けする方法(エアブラシ)とレジンに染料を混ぜる方法(ティント)の2種類があります。俄然美しいと僕が惹かれるのはティント。なので僕はこの方法を採用しています(そして、硬化不良という恐ろしい失敗を繰り返しています…。後述)。

カラーリングを考えていない人は読み飛ばしてください。が、断熱フォームでボードを作っていると変な色がついているのでカラーリングしたくなるのが人情だと思います。

着色する際、溶剤の入った塗料で色付けしようとするとフォームが溶けます…。なので、ティントにしろ、エアブラシにしろ、フォームに色付けするときは端材でテストしてからがいいです。

話をティントに戻します。

適切な素材を手に入れないとレジンに溶けません。絵具やポスカで試したこともあるのですが、全く色づきませんでした。色んな塗料を試したり、ネットで検索した結果、一番いいのがプラモデルの塗料。僕はこれを使っています。タミヤの塗料もいい感じです。1本250円ぐらい。確か。プラモの塗料はカラーバリエーションも豊富で素晴らしい。

あと、必要なものは以下。
・マスキングテープ(3㎝幅)→幅があるほうが扱いやすいです
・ハサミ新品(2~3本)→ガラスクロスを切るとすぐバカになります。使い捨てる気持ちで100円ショップで購入
・ゴム手袋(使い捨てのもの。たくさんあるといい)
・プラコップ(大きめ)
・割りばし(攪拌用)
・スクイージー(2~3本)→僕はダイソーの掃除コーナーにある窓ふきヘラを使ってます
・カッター
・計量器(料理用のもの。樹脂と硬化剤の配合を測るのに使う。1000円ぐらいのがホームセンターで売っている。汚れるので料理で日常使っているものは転用しないほうがいいかと…。奥さんに怒られます)

作業にかかる前の準備としては、シェイプルームと同じ部屋でラミネートするのであれば掃除。フォームの粉が舞わないようにきれいにすること。あと、レジンが落ちると取れないので養生を。

作業工程まで書こうと思ったけど材料と準備だけでいっぱいになってしまった…。今回はここまで。

次の工程(15_ラミネート②)へ。
13に戻る。