これまで「ロゴ」をいれたことがなかったのだけど、ちょっと入れてみようかなと色気が出まして。
サーフボードづくりのサイトやブログを色々調べると…
「rice paper」に印刷したロゴをガラスクロスの下にいれてラミネートするとレジンで紙が解けるがインクだけ残ってロゴが浮き出る、みたいなことが書かれていました。

「rice paper」がなんだかわからない…。和紙のようなのだけど…。トレーシングペーパーも似たようなものだろう、と思って調べるとトレペは紙の跡が残る、というコメントも見られた…。

rice paper。ライスペーパーと呼ばれるものが日本にもある。生春巻きの皮。やってみよう。

手元にあった生春巻きの皮(左)とトレーシングペーパー(右)にロゴを手書きで娘に書いてもらい、実際にラミネートしてみました。

1日経った結果がコレ。
ライスペーパーは問題外。おそらく、水分が下に浸透せず、丸まって浮いて固まってしまい、そもそもラミネートにならない。

トレぺは一見、うまくいっているように見える。けどよく見ると紙が透けて見える。うーーーーん、イマイチ。

失敗です。

そしてふと、思いついたのがコレ。金魚すくいのポイの紙。

これならきっととける!次はこれを試してみよう。

次は14(ラミネートの準備)
12へ戻る。