今日は分厚いボードをロッカーラインに沿って削り出していく。
最初は電熱線カッターでカットを試みたが歯が立たない・・・。

マルノコでガイド線を入れて手ノコで切り取る、という戦法で粗削り。およそ、サーフボードシェイピングの姿ではない…。

デッキ側のブルーの保護用ウレタンがはがれたら電動カンナに持ち替えて面をとっていく。側面に描いたロッカーラインより深く削らないように気を付けながら、どんどん削っていく。

コージーうまい。

そして、おそらく、僕が使っているスタイロフォームよりも硬くて扱いやすそう。

いい感じでデッキ側、ボトム側が削れた。ちょっと厚みがありすぎる気がする。どこまでシェイプアップをしていくか…。

03へ戻る。