床がたわむ問題はまだ解決していないけど、せっせと壁づくりを進めました。当初、窓をどこにあけ、入口をどこにするかはあまり深く考えていませんでしたが、壁づくりのタイミングでそれぞれ決定。

窓は前面に大きなもの、右面に細長いもの。左面に入口としました。
窓、ドアが来る部分は芯材を窓、ドアのサイズにあわせて作る必要があるため、このタイミングで決定する必要がありました。窓ははめ込み式。ガラスは折り畳み時に割れる可能性があって危ないので透明なプラスチックを使用。夏場は網戸に差し替えられる仕様にと考えました。

とりあえず窓のフレームだけ作って窓作りはあと回し。

各パーツが出来上がってきたら丁番でつなぐだけですが、微妙に合板がはみ出していると上手に立ち上がりません。合板のバリはカンナで処理。

なんとなく、家らしくなってきました。

こちら、折りたたんだ様子。いい感じ!

次の記事(05)へ。
03へ戻る。