荒れたブランクスの面をひたすらサンディング。粗削りでできた傷、へこみをなくしていく。

サンドペーパーは100番を使用。程よいサイズの木片に巻き付けたもので粗く削る。全体をフラットにするのに長い角材に張り付けたものをつかう。両方を様子を見ながら使い分けつつ、滑らかな面をつくっていく。

プロはサンディングブロックでフォームを削ってある程度整えたら小さなカンナでストリンガーを削る、ということをやっているけど、小さなカンナでやったときに前回はうまくいかず。

今回、僕はカンナを使わず、出っ張ったストリンガーは100番のサンディングブロックでひたすらけずった。案外いい感じでゴリゴリと削れた。

粗削りでできたぼこぼこは小一時間ぐらいでスムーズになった。完璧、とは言えないけどまあいい感じ。アウトラインはこんな感じでいいかな。次はいよいよ、レールを作っていく…。

<ビフォー>
電動カンナや電熱線カッターの跡でぼこぼこ…

ストリンガー付近の傷跡

テールエリア。層になっているのは貼り合わせたフォームの接合点

<アフター>

完ぺきとはいいがたいけど・・・

テール部分はこのあたりで妥協。ゴリゴリやっても接合面がはがれるだけ。ラミネートで滑らかにする予定。

次の工程(10:レールバンドづくり)へ。
08へ戻る。